• TOP
  • > キッチン&食卓の雑菌研究室

キッチン&食卓の雑菌研究室

キッチンや食卓周辺を清潔に保つには、まずキッチンや食卓のどこが汚れていて、 雑菌が増殖しているかを知ることが大切です。

生肉や魚、野菜などに付いている原因菌を口にすることで、つらい症状を引き起こす食中毒。
その菌が体内に入り込む経路はさまざまですが、家庭内で特に気をつけたいのが、包丁やまな板、台ふきんなどを媒介にした「二次汚染」です。
アルコール除菌 ラボ@キッチン&食卓では、知らない間に雑菌が増えているキッチンや食卓の雑菌増殖スポットを徹底調査しています。

雑菌繁殖Movie

台ふきんに関するMovie

台ふきんの雑菌NEW!

シンク脇で干した台ふきんから採取した雑菌の様子です。

台ふきんの雑菌を増殖してみると…NEW!

台ふきんから採取した雑菌を梅雨・夏場のキッチンを想定した高温多湿な環境で増殖させた様子です。

まな板に関するMovie

まな板に残った雑菌を培養してみると…

調理し終わったまな板の雑菌が増殖していく様子です。

アルコール除菌の効果Movie

どんどん増える雑菌にアルコール除菌剤をふきかけると…

アルコール除菌剤が雑菌を瞬時に死活化して動きを止める様子です。

食中毒啓発Movie

台ふきん3秒ルール実験NEW!

水拭きしたあとの食卓で"3秒ルール"を検証しました。

研究レポート

研究レポート 食卓・台ふきん
2014/06/24詳細を読む

梅雨や夏になると気になるのが雑菌の繁殖です。当研究所が特に注目しているのが、多くの家庭で行われている台ふきんによる水拭きです。当研究所では、今年4月に、多くのご家庭で日常行われている「台ふきんのシンク脇での室内干し」を行うと、室内干しをした台ふきんに残った雑菌が、時間の経つごとにどうなるのかを調べました。

2014/05/13詳細を読む

梅雨や夏になると気になるのが雑菌の繁殖です。当研究所が特に今回注目しているのが、多くの家庭で行われている台ふきんによる水拭きです。多くのご家庭で行われているシンク脇での室内干しでは、台ふきんの洗い方や干し方によっては、台ふきんの雑菌が増殖してしまうことがあります。

2014/04/22詳細を読む

梅雨や夏になると気になるのが雑菌の繁殖です。特にキッチンの高温多湿な環境は、雑菌にとって増殖しやすく、キッチン用品にも注意が必要になってきます。アルコール除菌 ラボ@キッチン&食卓が、特に今回注目したのが、どのご家庭でも使用頻度の高い台ふきんです。水洗いした台ふきんをキッチンのシンク脇などに干し、自然乾燥させ、そのままご使用になっているご家庭も多いことでしょう。そこで、当研究所では、衛生微生物研究センターの協力の下、梅雨・夏時のキッチンを想定した高温多湿の環境で台ふきんを干すと、台ふきんの雑菌数がどのように変化するのかを調べました。

2013/04/10詳細を読む

春が過ぎれば、すぐにジメジメした梅雨がやってきます。家族の健康を守るため、食中毒には気をつけたいものです。そこで、一般家庭の台ふきんと食卓表面に付着している雑菌数の調査をご紹介します。(衛生微生物研究センター2012年春調査)

2013/04/10詳細を読む

夏場、家庭の放置された台ふきんで何が起こっているのか。使い終わってよく洗ったつもりの台ふきんでも、わずかに菌や汚れが残っていると菌は増殖してしまいます。そこで、台ふきんでどのように菌が増殖しているかを実験、その対策方法をご紹介します。(衛生微生物研究センター2011年春調査)

研究レポート

研究レポート キッチン周辺・調理器具
2013/08/09詳細を読む

食品が傷みやすい夏場、冷蔵庫の中で食品を保存すれば安心と思っている方も多いと思いますが、冷蔵庫を過信することは禁物です。冷蔵庫の中にどの程度の雑菌が潜んでいるのか、都内の一般家庭(2件)の冷蔵庫を実際に調査しました。調査結果と合わせて、冷蔵庫内の効果的な除菌方法「アルコール除菌拭き」も紹介します。

2013/08/09詳細を読む

キッチン内で雑菌が潜んでいそうな場所はどこか、都内の一般家庭(2件)のキッチンを実際に調査しました。その結果、調査した家庭の包丁、蛇口のハンドル(取っ手の部分)から最大数百万個/cm2の雑菌を検出しました。これらの場所の雑菌も、アルコール除菌剤で簡単に除菌ができます。

2013/07/19詳細を読む

洗いたての食器を置く「水切りかご」は、流し台の近くにあり、また、切った水が水受けに溜まっていることもあるので特に湿気が多く、雑菌にとって繁殖しやすい場所です。もし雑菌がいれば、せっかく洗った清潔な食器に雑菌が付着してしまう恐れもあります。そこで、水切りかごにどのくらいの雑菌がいるのか、都内の一般家庭3件の「水切りかご」を実際に調査しました。(衛生微生物研究センター2013年5月調査)

2013/04/26詳細を読む

梅雨や夏は食べ物が傷みやすく、食中毒の話題も多くなります。特に細菌性食中毒の発生件数は夏場ピークを迎えます。こうした時期だからこそ、キッチンのこまめな衛生管理が重要です。特にまな板は、キッチンの中でも直接食べものが触れる機会の多い場所。そのまな板の雑菌数、およびその増殖スピードを調べました。(衛生微生物研究センター2013年3月調査)

清潔キッチン推進宣言 - ご家庭のキッチンや食卓における衛生管理の徹底を推進する、雑菌対策の情報・研究サイト

sitemap