キッチンの 雑菌研究室一覧にもどる

食卓の水拭き、室内干しを繰り返している台ふきんは雑菌まみれ!?
食卓や調理台を拭くなら、水拭きではなく、ティッシュやキッチンペーパーを使ったアルコール除菌拭きが衛生的!

梅雨や夏になると気になるのが雑菌の繁殖です。当研究所が特に注目しているのが、多くの家庭で行われている台ふきんによる水拭きです。当研究所では、今年4月に、多くのご家庭で日常行われている「台ふきんのシンク脇での室内干し」を行うと、室内干しをした台ふきんに残った雑菌が、時間の経つごとにどうなるのかを調べました。
その結果、台ふきんをシンク脇で室内干しすると、半日経過しても台ふきんに残っていた雑菌が増殖を続けていました。一般的なご家庭では、台ふきんの除菌方法として、1週間に1回程度、熱湯に浸したり、漂白剤を使用して除菌をおこなっているご家庭が多いと思われます。

そこで、今回は、そのような家庭を想定し、1週間、台ふきんを繰り返し使用して、雑菌がどのように増えているのかを調べました。

実験協力機関 : 衛生微生物研究センター

衛生微生物研究センターは、汚染微生物分析試験、保存効力試験(チャレンジテスト)、微生物限度試験、抗菌抗カビ試験、カビ抵抗性試験、最小発育阻止濃度(MIC)試験、空中浮遊微生物分析試験、一般生菌数測定試験、消臭試験、その他の微生物関連試験などを行っている民間の研究機関です。

李 憲俊(リ ノリトシ) 先生
衛生微生物研究センター 所長

李 憲俊(リ ノリトシ) 先生

韓国国立忠南大学助教授、 (財)食品薬品安全センター秦野研究所微生物学研究室を経て、1996年に衛生微生物研究センターを開設。研究分野は、「環境および各工業製品の汚染微生物の分布や特徴」「各工業製品の汚染、劣化防止法」「抗菌・抗カビ試験方法の改良」など。

実験概要

台ふきんの使い方

清潔な台ふきんで、食事後を想定した食べカスなどが付着している食卓を水拭きする。
台ふきんを水道水でもみ洗いし、水を絞った上で、梅雨時を想定した気温25℃、相対湿度75%の室内環境で干す。
同じ台ふきんを使い、食卓の水拭き・水洗い・室内干しを朝夕2回、6日間繰り返す。

雑菌の採取のタイミング

1日目は、最初に食卓を水拭きして、台ふきんを水洗いした直後に採取・計測。
2日目以降は、毎朝、台ふきんを使用する直前の乾いた状態の時に採取・計測。

実験結果食卓の水拭き、室内干しを繰り返している台ふきんは、
2日目以降は100万個以上、4日目以降は1億個以上の雑菌まみれ!?

2日目・3日目の台ふきんからは、100万個以上の雑菌を検出。
4日目以降になると、常に1億個以上の雑菌が繁殖。18億個を検出した日も。食卓の水拭き・水洗い・室内干しを朝と夕方に行った2日目の朝の台ふきんからは、100万個の雑菌を検出しました。4日目以降になると、毎日、1億個以上の雑菌を検出。中には、18億個の雑菌を検出した日もありました。
時間 水拭き1回目
水洗い直後
2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
台ふきん1枚の
雑菌数
1,500 1,000,000 5,500,000 340,000,000 520,000,000 120,000,000 1,800,000,000
7日目で雑菌数18億に!
  1. 水洗い直後
    水洗い直後
  2. 3日目
    3日目
  3. 4日目
    4日目
  4. 7日目
    7日目
7日目の朝の台ふきんで、食卓を水拭きすると76,000個/10㎠の雑菌が食卓に付着食卓の水拭き後、水洗いと室内干しを朝夕6日間繰り返した7日目の朝の台ふきんで、消毒をした清潔な食卓(菌数:検出限界以下)を水拭きしました。すると、76,000個/10㎠の雑菌が食卓に付着しており、食卓をきれいにするどころか、雑菌を広げてしまう結果となりました。

水拭き後の食卓の雑菌

水洗いと室内干しを朝夕6日間繰り返した7日目の朝の台ふきんで、
消毒をした清潔な食卓(菌数:検出限界以下)を水拭き後に食卓表面上から採取した雑菌
※食卓の雑菌を32±1℃で48時間培養したもの

清潔な環境への提案 食卓や調理台を拭くなら、水拭きではなく、
ティッシュやキッチンペーパーを使った"アルコール除菌拭き"が衛生的!

台ふきんを洗った後に干しておくだけでは、菌が残っている可能性があります。菌を広げるのを避けるためにも、使用後の台ふきんは漂白、天日干しにしましょう。毎日、漂白するのは手間がかかると感じる場合は、台ふきんを乾かした後、高濃度アルコール除菌剤をスプレーして除菌するのがおすすめです。

なお、7日目の台ふきんによる水拭きで76,000個/10㎠の雑菌が付着している食卓を、ティッシュペーパーでアルコール除菌拭きしたところ、食卓表面上の雑菌数は検出限度以下となり、除菌がしっかりできていることを確認しました。食卓や調理台を拭くなら、ティッシュペーパーやキッチンペーパーを使ったアルコール除菌拭きが衛生的です。

その他の研究レポート

2014/06/24詳細を読む

梅雨や夏になると気になるのが雑菌の繁殖です。当研究所が特に注目しているのが、多くの家庭で行われている台ふきんによる水拭きです。当研究所では、今年4月に、多くのご家庭で日常行われている「台ふきんのシンク脇での室内干し」を行うと、室内干しをした台ふきんに残った雑菌が、時間の経つごとにどうなるのかを調べました。

2014/05/13詳細を読む

梅雨や夏になると気になるのが雑菌の繁殖です。当研究所が特に今回注目しているのが、多くの家庭で行われている台ふきんによる水拭きです。多くのご家庭で行われているシンク脇での室内干しでは、台ふきんの洗い方や干し方によっては、台ふきんの雑菌が増殖してしまうことがあります。

2014/04/22詳細を読む

梅雨や夏になると気になるのが雑菌の繁殖です。特にキッチンの高温多湿な環境は、雑菌にとって増殖しやすく、キッチン用品にも注意が必要になってきます。アルコール除菌 ラボ@キッチン&食卓が、特に今回注目したのが、どのご家庭でも使用頻度の高い台ふきんです。水洗いした台ふきんをキッチンのシンク脇などに干し、自然乾燥させ、そのままご使用になっているご家庭も多いことでしょう。そこで、当研究所では、衛生微生物研究センターの協力の下、梅雨・夏時のキッチンを想定した高温多湿の環境で台ふきんを干すと、台ふきんの雑菌数がどのように変化するのかを調べました。

2013/04/10詳細を読む

春が過ぎれば、すぐにジメジメした梅雨がやってきます。家族の健康を守るため、食中毒には気をつけたいものです。そこで、一般家庭の台ふきんと食卓表面に付着している雑菌数の調査をご紹介します。(衛生微生物研究センター2012年春調査)

2013/04/10詳細を読む

夏場、家庭の放置された台ふきんで何が起こっているのか。使い終わってよく洗ったつもりの台ふきんでも、わずかに菌や汚れが残っていると菌は増殖してしまいます。そこで、台ふきんでどのように菌が増殖しているかを実験、その対策方法をご紹介します。(衛生微生物研究センター2011年春調査)

清潔キッチン推進宣言 - ご家庭のキッチンや食卓における衛生管理の徹底を推進する、雑菌対策の情報・研究サイト

sitemap