• TOP
  • > ニュースリリース
  • >キッチンの雑菌増殖スポット調査 第3弾 数百万個/10㎠の雑菌が潜んでいるキッチンの雑菌増殖スポットを調査 高濃度アルコール除菌スプレーを使ってしっかり除菌を

ニュースリリース・イベントレポート

キッチンの雑菌増殖スポット調査 第3弾 数百万個/10㎠の雑菌が潜んでいるキッチンの雑菌増殖スポットを調査 高濃度アルコール除菌スプレーを使ってしっかり除菌を

2013/08/01

アルコール除菌@キッチン ラボ(事務局:東京都渋谷区)では、2013年5月から、キッチンの雑菌増殖スポットに関する調査を行っております。今回、その第3弾として、包丁、蛇口のハンドル(取っ手の部分)の雑菌数を調査しましたので、その結果を発表いたします。なお、雑菌数の計測は、衛生微生物研究センターに依頼しました。

アルコール除菌@キッチン ラボは、一般家庭のキッチンにおける衛生意識を高め、清潔なキッチンのためのアルコール除菌の実践方法を伝えていくことを目的に設立された研究所です。夏は食べ物が傷みやすく、食中毒の話題も多くなり、特に細菌性食中毒の発生件数は夏場ピークを迎えます。当研究所では、こうした時期に、キッチンのこまめな衛生管理に役立つ様々な情報を発信しています。

 
■ 包丁には約290万個/10㎠の雑菌が潜んでいることも!?
調査をした一般家庭の包丁からは、最大約290万個/10㎠の雑菌を検出しました。
包丁は、しっかり洗っているようでも、歯先や柄の部分に汚れが残りやすく、雑菌増殖の温床となります。

■ 包丁の除菌方法

 包丁をよく洗って水分を除去した後、高濃度アルコール除菌スプレーを吹きかけると、しっかり除菌ができます。食品・食品添加物を原料にしたものであれば安心して使えますし、スプレーするだけで二度拭きや洗い流しもいらないので、毎日の調理の前後に手軽に除菌できます。


■ 蛇口のハンドルには約140万個/10㎠の雑菌が潜んでいることも!?
 調査をした一般家庭のキッチンの蛇口のハンドルからは、最大約140万個/10㎠の雑菌を検出しました。
 蛇口のハンドルは、調理中にもよく触れますが、生肉などを調理した手で触れてしまうと、ハンドルに雑菌や汚れが付着してしまうこともあります。また、調理中、ハンドル部分にいた雑菌が指先に移ってしまう恐れもあります。

■ 蛇口のハンドルの除菌方法
 蛇口のハンドルも定期的な除菌がお勧めです。毎日、調理台を片付ける際、仕上げに高濃度アルコール除菌スプレーを吹きかけた清潔な台ふきんやキッチンペーパーなどで調理台を拭く、「アルコール除菌拭き」を習慣にしましょう。そのとき、そのまま蛇口の汚れをふき取ってしまえば、簡単にハンドルの除菌ができ、清潔なキッチンを維持できます。

一般家庭2件の包丁と蛇口のハンドルの雑菌数


 アルコール除菌@キッチン ラボでは、皆さまがご家庭で安心して楽しい食卓を囲めるように、アルコール除菌による清潔なキッチンの環境作りを推進してまいります。

一覧に戻る

清潔キッチン推進宣言 - ご家庭のキッチンや食卓における衛生管理の徹底を推進する、雑菌対策の情報・研究サイト

sitemap